あたらしい皮膚科学
臨床・病理ほか、1,000点以上の写真を収載。同じ疾患でも個人差や部位による皮疹の差がよくわかる。
皮膚疾患の漢方治療
皮膚疾患と漢方治療。多汗症/掌蹠膿疱症/酒〓(さ)様皮膚炎/顔面の紅斑/紫外線過敏性皮膚炎・日光皮膚炎/尋常性乾癬/葦麻疹/脱毛症/その他の皮膚疾患
手足のしびれ,歩きにくい症状がある方に
診療ガイドラインに基づいた頸椎症性脊髄症ガイドブック
皮膚のトラブルが治らないときの本
大人の皮膚トラブルに効く美肌キープの知恵のすべて。

皮膚の仕組みと役割

皮膚の仕組みと役割

皮膚病といってもたくさんの疾患や症状があります。このサイトはそんなあらゆる皮膚病についての情報を紹介していくために作りました。
まずは、皮膚の仕組みと働きについてご説明します。
皮膚は人体で最も大きな器官として、身体の全身を覆っており、体温の調節、水と電解質のバランス保持、知覚(痛みや心地良さ、触れた感触など、)の維持などの数々の重要な機能を担っています。
皮膚はさらに、外部からの有害物質や刺激の体内への侵入を防いだり、太陽光線からの紫外線などの有害物質から保護するバリアの役割も果たしております。
皮膚の色、きめ、しわなどは、その人遺伝子のもつ特有の個性でもあります。
このため皮膚の機能に異常が発生すると、カラダや心などの健康に重大な影響を及ぼしてしまいます。

皮膚の構造と機能
皮膚は表皮、真皮、脂肪層(皮下組織)の3層からなり、各層には固有の機能があります。

表皮
表皮の厚さは約0.1ミリで、表皮は皮膚の3層構造の最も外側にある、薄くて丈夫な層です。
そのうち一番外層に存在する「角質層」は、水をはじき、傷などのない正常な状態ではほとんどの細菌やウイルス、その他の異物が体内に侵入するのを防いでいます。
表皮は、皮膚の内側にある筋肉や神経、血管といった器官を外傷から守る働きもしています。
表皮の表面はケラチンという丈夫な線維質のタンパク質でできています。これらの表皮上の死んだ細胞層がはがれ落ち、角質がつねに新陳代謝をすることで、死んだ細胞層がはがれ落ちると、その代わりに表皮の奥のほうの新しい細胞が表面にでて、新しい角質となります。これが、皮膚の新陳代謝です。ほぼ28日周期でこの新陳代謝は行われています。

真皮
表皮の下には真皮があります。真皮はそのほとんどはタンパク質のコラーゲンとフィブリンからできており、線維組織と弾性組織で出来ている厚い層で、この層が皮膚に弾力性と強さを与えています。
真皮内には神経終末、皮脂や汗の分泌腺、毛包、血管があります。

脂肪層
脂肪層は真皮の下にある層で、クッションのように体を保護する役割や、体を外気の熱や寒さから守り、エネルギーの貯蔵の役割を担っています。
脂肪細胞という細胞の中に脂肪を蓄えらることにより、カラダの活動に重要な役割を果しています。
皮膚病サイトマップ
乾癬 とびひ かぶれ
水疱瘡(水ぼうそう) じんましん(蕁麻疹) いぼ
白癬水虫 疥癬